ワタシの懐かしい想い出

一度食べると止まらない「スナック菓子」

 

男女それぞれ大好きな○○○棒があります。

これはもちろん下ネタの事ではありません。
どの様な世代からも愛されている駄菓子です。

そこには多くのヒット商品も存在していますが、その中で有名な物がうまい棒になってきます知っている方もいるかもしれませんね。
以前はあまり種類もありませんでしたが、現在はとても多くの種類になっています。

それは例えばサラミ味やチーズ味、またコーンポタージュ味やトンカツソース味、そしてタコ焼きなどもあります。

また納豆味の時は少し緊張ししまたが結構食べやすかったみたいです。

またピザ味も良かったですよ。

このうまい棒に関してのグッズもありました。

うまい棒の販売会社は、昭和35年設立の東京都墨田区の株式会社やおきんになります。

そして製造会社は茨城県のリスカ株式会社になります。

この製造会社のWebページを拝見するとうまい棒の事は全然書いていませんでした。

しかしやおきんには記載がありました。

同様に駄菓子で人気のある蒲焼さん太郎やキャベツ太郎、また酢だこさん太郎や餅太郎を製造したのは株式会社菓道になります。

私もとても好きでした。

この菓道の社長さんの実兄がリスカの社長になります。

いろいろありますよね。

 

 

白鳥麗子で御座います!

 

以前白鳥麗子と言う漫画がありました。

お嬢様である白鳥麗子が、幼馴染の秋本哲也君に片想いするストーリーです。

(これは今はストーカーかもしれませんね)しかしそのプライドによってお付き合いが出来ません。

そしてとうとうその哲也君とお付き合いをする事になりましたが、とても天然な哲也君と簡単に結ばれる事はありませんでした。

また倦怠期の時は自身もその倦怠期に成りすましてその気分を味わってみたり、また今夜はと思う哲也君に、麗子自身勝手な解釈によってすぐに終える事もありました。

とても満足する麗子と対照的に沈む哲也君。

とかとその様な麗子をとても可愛く思っています。

また友達から実際のセックスについてエッチなVIDEOを見せられて知る麗子ですが、そのショックによってとうとうカエルになる自分を想像してしまいます。

また自分のアソコの事をよく知らない麗子は、初めて鏡で見る事になります。

それを見てとてもショックを受けます。

哲也君と一緒にいるのみでとても幸せであるのに、そのプライドが許さない時もあります。

その様な麗子と哲也君の姿がとても愛らしい漫画ですね。

 

森のくまさんって実はとても怖いんです

ある歌の中で..

「ある日森の中でくまさんに会った。」

「その花咲く森の道でくまさんに会ってしまった。」

これってとても怖いですよね。

「そのくまさんのいう事では、お嬢さん早くお逃げ。」

「すたこらサッサッサのサと・・・・」

…当然早く逃げたいと思います。

しかし..「そのくまさんが、後から追ってくるのです。」

「トコトコトッコトッコト・・・と。」

また「お嬢さんちょっと待って」びっくりします。

とても恐怖感を覚えます。

その様な恐怖ってありませんか?

その後にそのくまさんは持続性の高いシアリス治療薬を届けてくれ、こちらはお礼にと歌を歌うのですがその様な事はないですよね。

その様な時クマは人を襲うと思います。

くまさんは優しくありません。

現実を知ればそのショックも大きくなります。

またアメリカの森のくまさんでは襲う気が出ているみたいです。

その方が誤解を生む事もないかもしれません。

このくまさんを男性に置換すると、女性が変な男性から追いかけられる事になります。

森の中で変な男性から追いかけられてしまう。

これって夢の中でも見ている方もいるのかもしれませんね。


最新記事

  • 喜んで貰う為に女性にプレゼントを上げたのですが、実際はドン引きになっていた、その様な事はやはり回避したいですよね。 自分の自信を分かって貰いたい、また好きな方によく知って欲しい、好きな方へ贈ってみたい、と言う気持ちはよく …

    人気がないプレゼント

  • 熱湯を用意するのみでとても簡単に作れるのがインスタントラーメンです。 別名即席麺と言う事もありますが、これは日本で発明された様ですね。 例えば油物の麺は中国の清時代にあったみたいですが、熱湯で行う方法はなかったみたいです …

    日本におけるインスタントラーメン

  • 例えばカフェインの摂り過ぎは中毒になる事もあります。 その摂取を中止すると頭痛になったり、また倦怠感を抱く事もあるみたいです。 このカフェインの飲み物で有名なものがコーヒーになってきます。 私もこのコーヒーをとても好いて …

    中毒性がある物にはよく注意して下さい