edになる要因・原因を追求していきながら治療を施すことが一番いい対策でしょう!

edになるにはいくつかのパターンがある


高齢者施設においての対応

高齢者といえども、いつまでも異性に対する興味や関心は案外大きいもののようです。

特に男性はその傾向が強いように見えます。

高齢者施設において、男性入所者は男性職員に対しての認識は単に「スタッフ」なのですが、女性職員にはスタッフだけでなく「女性」と認識するケースが多く見られます。

したがって、女性職員や施設の対応方法はいささか難しいところとなるのです。

実際、男性入所者が何らかのアプローチをしてくることも少なくないといいます。

その際の対応として、性的な働きかけを伴わない言葉によるアプローチに対しては、7割以上が「自尊心を傷付けずに上手く説得する」としています。

「大目に見る」や「認めない方向で説得」がそれぞれ10パーセント前後「絶対に認めない」が4パーセント足らずと、ほとんどが男性に配慮していることがわかります。

介護度の高い特別養護老人ホームでは、特に寛容な姿勢が認められるようです。

身体に触れるといった性的なアプローチに対しては、前述の「自尊心を傷付けずに上手く説得する」が6割強、「大目に見る」が約6パーセントと若干下がります。

その代わりに「認めない方向で説得」が約17パーセント、そして「絶対に認めない」が約10パーセントと否定的な対応が増えています。

特別養護老人ホームでの対応はそれでも大目に見る傾向のようですが、介護度の低い軽費老人ホームやケアハウスなどは否定的な対応を行なうケースが多いようです。

この背景には、高齢者の精神的な構造があります。

多くの高齢者は、「子ども返り」といわれるように年齢を重ねるに連れ本能に忠実になりがちです。

それまで理性で抑えていた欲求が、ダイレクトに表に表れてくることも少なくありません。

高齢者の性意識への対応は、今後の大きな課題となってくることでしょう。

プレッシャーに負けるな

EDの要因はさまざまですが、ストレスもそのひとつです。

そして、本来のセックスの目的である「子作り」がプレッシャーとなってEDを誘発するケースもあります。

たとえば、妻が排卵日を計算してその日程に合わせて性行為を行なうのですが、失敗してはいけないという緊張がEDにさせることもあります。

また、ムードや雰囲気、夫の思いなどには考慮せずただ義務的に行なうことで、却って萎縮してしまうことも少なくありません。

カップルの年齢が上がるほど真剣度が高くなり、プレッシャーも高まる傾向が強いようです。

さらに、妻だけでなく、親や親戚、友人、職場関係からのプレッシャーもよくある話です。

親からは「孫はまだか」「早く孫の顔を見せてくれ」とせがまれ、廻りからは「お子さんはまだ?」「早く作った方がいいわよ」などと急かされます。

こういうプレッシャーは妻が受けることのほうが多いのですが、それが夫へとしっかり伝えられてしまうというわけです。

真面目な男性ほど、このようなプレッシャーを重荷に感じてしまいます。

その結果、妻の期待に応えたいけれども身体が反応しなくなってしまうのです。

このような症状は心因性のEDと判断されますが、バイアグラを始めとするED治療薬が有効に働きます。

プレッシャーからのED症状に悩む方は、ぜひ試してみることをオススメします。

しっかり性行為ができたなら自信が取り戻せ元通り回復する可能性の多いのが、心因性のEDの特徴でもあるのです。

自転車がEDを招く?

環境のことを考え、ちょっとした外出には自転車を利用する人が増えました。

またガソリンも値上がりをしていますから、家計の事を考えて車でなく自転車で通勤を始めたというご主人も多いようです。

有酸素運動に最適と、健康やダイエットを目的として自転車に乗る人も少なくありません。

財布と健康と地球に優しい便利な乗り物として、自転車が改めて見直されているようです。

ところが、男性にとってちょっと気になるウワサがあるのですがご存知でしょうか。

それは、「自転車に乗るとEDになる」というものなんです。

「自転車とEDって関係ないじゃない」「自転車って健康にいいっていうからEDの予防にもなるんじゃないの」と信じ難いかもしれません。

でも、これってかなり信憑性が高いウワサなんですよ。

自転車に長時間乗り続けると、股やそけい部の血管や神経がサドルによって圧迫され血液の流れが悪くなってしまいます。

その部分の血流が悪くなるということは陰茎へも血が流れにくくなり、EDの症状を引き起こす可能性があるのです。

さらに陰嚢部へのダメージは勃起力の低下を誘引します。

アメリカでは自転車を利用する人やサイクリングを趣味をする人も非常に多くサイクリング王国ともいわれますが、「自転車ED」という言葉があるほどです。

しかし、自転車は適度な時間や距離なら健康な身体をもたらしますから、何事も過度が禁物ということです。

1日2時間以上自転車に乗ったり、スポーツタイプでの長距離サイクリング、マウンテンバイクでの悪路走行などが趣味という方は要注意です。

最近ではダメージを抑えたり軽減することのできるサドルやサイクリングパンツなども販売されているので、そういったものを活用するのもいいでしょう。


EDに負けないで!

【PR】

EDの事なら【おくすりクリニック】
これからの夜生活を改善するためにも必要なセックスのお供に・・・

EDでお悩みのあなたへ捧げます!!
※アクセスはコチラ⇒http://www.kusuri-c.com/products/list/44

最新記事

  • バイアグラを使用するときには、自分にとっての適量をしっかり把握しておくことが大切なようですね。 私はバイアグラを使用し始めて数年になり現在の服用は最も容量の少ない25mgなのですが、それでも少し効き過ぎるような気がします …

    副作用は大丈夫かな?